ジャズ、畑、猫、ライフスタイルあれこれ

ジャズ、畑、自然、家族、ライフスタイル♪

僕のバンドのベーシストと彼のために作った曲

f:id:DantoMori:20190918170003p:plain

この方、我らがトリオのベーシストです♪

※消しゴムハンコを僕の妻が作成。

 

3年ほど前でしょうか、僕はサックスとの

カルテットでピアノを弾いていました。

6~7年間位でしょうか。

それはそれでとても楽しく、毎月ライブで

演奏していたのですが、やはり

アノトリオがやりたい。

 

そんな折、僕は体調を崩してしまった

のでした。

 

体調を崩しながらも、やっぱりピアノトリオ

がやりたい。

 

誰か良いベースはいないかなあ~、と

思っていたところに現れた方です。

・かっちょいいベースラインをその場で作る。

・メンバーの音に反応する。

・よくメンバーの音を聴く。

・バンド全体を常にみている。

・曲想を大切にする

 

そして、「自由」を大切にできるベーシストです。

 

演奏していてめちゃくちゃ楽しいのです。

なので、先日彼のために作曲しました。

僕「どんな曲がいいですか?」

彼「僕はひねくれているので、変拍子

       お願いします」

 

ということで、5拍子と6拍子の変拍子の、

面白くも難しい曲が出来上がりました♪

アドリブ大変です・・・。

 

ご本人、相当気に入ってくれたみたいで、

ライブでも一度やりましたが、この曲は

僕らの今後の課題曲になりそうです!

練習風景です↓よろしければ♪

魔女の宅急便と娘

f:id:DantoMori:20190917202257j:image

長女(5歳)に毎晩読み聞かせてた

魔女の宅急便」がようやく終了♪

 

2〜4ページずつ読んで、半年程

かかったかな?

よく頑張って聴いてくれました。

理解度を知りたくて、毎回お話の中から

質問をするとを、しっかり正解を答えて

たので、ちゃんと聞いてたんだね。

 

娘の感想:

「楽しくて、私も読みたくなった。

キキが飛ぶところが好き。」との事。

 

まだ今は漢字が読めないけど、小学校

入って、将来読書好きになったらいいな。

 

想像をめいいっぱい膨らまして、

ドキドキしながら本を手にしてね♪

落ち葉と子猫

f:id:DantoMori:20190916231105j:image

我が家の猫(拳太)は、「家から出さない」

という条件で、人から譲り受けた。

 

箱入り息子である。

 

時々窓の外に友達の猫が出来て、窓越しに

恋をするような事もあり、少しでも

外に出してあげたいと思った時期もあった。

 

昨年の秋、裏山の落ち葉を見ていて、

こういうふかふかな落ち葉の上に健太を

寝かせてあげたら喜ぶかな、と、

一枚の絵を描いて、曲を作った。↓

 

自分としては、子守唄のつもりで

作ったが、絵も曲もなんだか悲しい

ものになってしまったよう、、。

 

決してレクイエムではありません。

 

家の中でも、元気にいたずらしたりして

駆けずり回ってます。

 

喉ならして胸の上で静かに眠る拳太。

夢の中では野原を駆けずり回ってるかな♪

The Days Of Wine And Roses

f:id:DantoMori:20190916142620j:image

「酒バラ」でお馴染みのジャズスタンダード。

 

同名映画の主題歌だけど、どうやら

この映画のストーリー、かなり悲惨らしい。

アルコールに溺れる男女の話だという。

 

曲の歌詞にはそんな暗い映画のストーリーの

暗示もあるように思うが、メロディとコード

はメチャクチャ明るい。

 

色んな場面で演奏してきたけど、楽しさ満載

の明るい曲調にいつも違和感を持っていました。

 

という事で、僕のトリオではコード進行を

かなり変えて演奏する事にしました。

こんな演奏してます↓ピアノが私。

よろしければ。※最後切れてます、、。

 

アルコールの持つ不思議な魅力をイメージ

してみました。

原曲とはかなり違った感じになってます♪

バイオリンとの出会い

f:id:DantoMori:20190915175839j:image

体験会で初めてバイオリンを手にする娘。

 

この後チェロとフルートも体験して

とても楽しんでいた。

 

僕のピアノ演奏は家でよく聴いてるし、

ライブにも何回も来ているから、

娘達は、既に色んな楽器や音楽に

触れてると思う。

 

音楽に何度も救われた親としては、

娘達には、メチャクチャ厳しい

クラシックの教室に通わせたり、

音大目指して猛特訓させて、

才能の限界と向き合わせるような

事はしたくないと思っている。

※もちろん本人が将来その気になれば

別だけど、、、。

 

どんな形であれ、音楽が彼女達の人生を

豊かなものにしてくれる事を祈っている♪

台風一過と停電断水

f:id:DantoMori:20190911210653j:image

台風が過ぎ、裏山の入り口は吹き飛ば

された葉っぱや枝で道が見えなくなった。

 

北鎌倉は地区によって停電が続き、

我が家も 一日半程停電と断水だった。

※他の地域(千葉が酷いようだ)では

まだ復旧作業が続いている。

出来るだけ早い復旧を願っている。

 

日中は家の中の方が暑いくらいだ。

保存しておいた飲料水をちびちび飲み、

一日復旧を待ったが結局電気も水も

戻らず。翌朝までかかった。

 

夕方山に入ると、そこらじゅうの木々

がなぎ倒され、バキバキに折れた枝が

散らばって落ちている。

しばらく歩くと、見慣れていた山桜の

大木が根こそぎ倒れ、道を塞いでいる。

 

相当酷かったんだな、と思う。

 

それでも山は、僕ら人間と違って、

何一つ文句を言わず、

ひっそりと再生していく。

 

これが自然の原理なんだ。

 

クーラーが効かない、皿が洗えない、

風呂に入れない、、、。文句文句。

それだけで滅入ってしまう弱さに気づく。

 

普段家はもちろん、電車でも、会社でも、

殆どの場所でクーラーがあって、

トイレに行けて、食事も出来る。

それが当たり前だと思ってる。

 

僕が日中の暑さを、一日中体験したのは

いつ以来だろうか?

同時に、こんなに夕方の風を涼しく感じた

のもいつ以来だろう?

 

僕らが自然から教わる事はとても大きい。

 

失くして初めて大切さに気付くのではなく、

普段それを当たり前だと思わず、一つ一つに

感謝したい。

 

再生は密やかな感謝から始まるのだろう。

入道雲と黒い葉

f:id:DantoMori:20190908140338j:image

夏が過ぎ秋がやってくる。

 

そんな気配を感じる裏山からの入道雲

 

裏山の森の葉は、時に怖いくらい

暗い黒を作るから、青空の明るさを

映えさせる。

 

光と闇のコントラスト。

 

自然はいつも大切な事を教えてくれる♪