気ままな音楽猫がゆく♪

ジャズ、演奏、作曲、自然、家族、ライフスタイル♪

ジャズトリオ「Blue Bulls」のフリージャズ演奏♪

 youtu.be

 

僕がピアノを弾いているジャズトリオバンド「Blue Bulls」の先日の練習風景です。

楽譜無しの即興です。ちょっとマニアックですが・・・。

 

僕らのトリオは、毎月1回、2~3時間練習しています。大体10曲ほど演奏しますが、その一曲目は、いつも完全な「フリー 」にしています。「フリー」とは、全く楽譜なしに、何も決めずに即興演奏することです。

 

この練習には、いくつかの意味があると僕は思っています。

 

1.メンバーの音を聴く

完全即興なので、合わせるためには、楽譜がある時以上に、相手の音を聴かなくてはなりません。かなりの集中力が必要になりますが、とても良い練習になります。

 

2.リラックス

これはメンバー全員がそうかどうか分かりませんが、僕自身は完全即興が最もリラックスできます。以前クラシックピアノの発表会やコンクールにも出たりしていましたが、緊張感が半端ありませんよね・・・。

即興は僕にとっては真逆です。リラックスできるのです。

 

3.肩慣らし

フリーをしながら、メンバーはウオーミングアップをしています。その日のコンディションを互いに伝えて、また自分でも把握できます。音のぶつかり具合なども確認しながら調整できるので、ライブ前のリハーサルにももってこいだと思います。

 

4.新たなアイデア

今までトリオ演奏でやったことのないアイデアが毎回出てきます。メンバーは録音した演奏を聴きなおして、次回以降の参考にします。

 

5.バンドの強化

「相手の音を聴く」という前述の他にも、バンドの演奏力は格段に向上すると思います。様々な表現を使って瞬時に相手の音に対応する力は、特にジャズトリオにとってとても大切だと思います。

 

 

Blue Bulls」というジャズトリオは、僕がどうしても演奏したかったベーシストの方と、一緒に他のバンドでやっていた素晴らしいドラマーの方にオファーして結成したトリオです。

練習の中で「フリー」をやりたいとメンバーに伝えたところ、お二人ともはじめは驚いていましたが、回を重ねるごとに乗り気になって楽しんでくれています。今では、「勝手に誰かが音を出して演奏しはじめる」というスタンスにすっかり慣れています。

 

コロナ前はこのバンドで時々ライブをやっていましたが、コロナ禍で活動中止。今は練習はしていますが、まだライブは復活していません。

 

ところで以前あるジャズ喫茶でライブをした時の話。

ライブ前のリハーサルで、肩慣らしのために「フリー」を演奏したところ、聴いていたお店のマスターが、「今の曲いいねえ」とおっしゃいました。「今のはフリーなんです」とお答えしたところ、「え?本番でやらないの?やってよ!」というリクエストがありまして、結局一曲目に、フリー演奏をしました。当然リハーサルとは全く違う曲になりましたが・・・。

何とも言えない独特の快感がありました♪

 

それ以来、たまにライブでフリーをやるようになりました。

 

僕にとっては、何よりもこういうことを一緒にやってくれるメンバーに感謝です♪

 

今年はライブできるかな・・・。

 

 

よろしければクリックをお願いします♪ ↓

 ブログランキング・にほんブログ村へ

 

 

オリジナル曲を配信しています。ご興味のある方は是非♪↓

■Band Camp

danto1.bandcamp.com

 

■Tune Core

www.tunecore.co.jp

 

■Sound Cloud

Stream DANTO music | Listen to songs, albums, playlists for free on SoundCloud

Sardine Run(オリジナル曲)

f:id:DantoMori:20210725230627j:plainPhoto By Pexels

 

海と日常」をテーマにした曲第三弾です。今回は「」の方です。イワシの大群とそれを追う様々な生き物の現象”サーディンラン”を曲にしました。

 

曲題;Sardine Run お聴き下さい♪

youtu.be

 

“サーディンラン”は非常にダイナミックで息をのむほど美しい自然の営みです。

 

イルカやサメ、カツオドリ、クジラなどの群れが数えきれないイワシの大群を食べに集まってきます。この曲はその景色を表現したものです♪

 

日本の伝統音楽と即興(ジャズのアドリブ)を一つのテーマで結びつけるというコンセプトで作っています。

このコンセプトは僕の作曲では時々チャレンジしますが、これからも続けていきます。

 

ちなみにこの曲にはほとんど楽譜がありません。

最後の数小節だけコード進行がある以外は即興を重ねて作成しております。

 

いずれはジャズバンド尺八奏者さんとコラボレーションできればと思っています♪

 

 

よろしければクリックをお願いします♪ ↓

 ブログランキング・にほんブログ村へ

 

 

オリジナル曲を配信しています。ご興味のある方は是非♪↓

■Band Camp

danto1.bandcamp.com

 

■Tune Core

www.tunecore.co.jp

 

■Sound Cloud

Stream DANTO music | Listen to songs, albums, playlists for free on SoundCloud

 

音楽の表現方法が決まった日

はてなインターネット文学賞「記憶に残っている、あの日」

 

brown and white concrete buildings during daytime

Photo by Unsplash

 

その日、その時、僕はドイツライプツィヒに向かう満員電車の中に居た。

電車の外は酷く暑い夏空が広がっていて、町には工事中のビル群が鉄骨をむき出しにして並んでいた。

 

僕はドイツの一人旅に憔悴しきっていた。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

一週間会社を休んで出かけたこの旅には理由があった。

それは一曲のピアノ曲だった。

 

前奏曲とフーガ イ短調 BWV 543」。

 

ヨハン・セバスチャン・バッハがオルガン曲として作曲し、フランツ・リストがピアノ用に編曲した曲である。

僕は当時バッハが好きで、この曲がどうしても弾きたくて、先生について習っていたのだが、ある本を読んだ時に、次のようなことが書かれていて、その言葉に悩まされることとなった。

 

「音楽は、作曲された当時の楽器で演奏されなければ、その本質を見出すことはできない」

 man playing brown musical instrument

Photo By Unsplash

 

バッハの時代にはまだ今のようなピアノがほとんどなく、チェンバロという弦をひっかく楽器だったり、パイプオルガンなどが使われていた。それらの楽器では、今のピアノのように、ペダルで音を伸ばしたり、繊細に強弱をつけることもできなかった。

僕は現代の楽器であるピアノで、当時の曲をどのように表現すれば良いのかに悩まされてしまい、それこそまったく弾けなくなってしまったのである。

 

今思えば「真面目過ぎるでしょう」の一言で終わる事かも知れないが、当時は本当に悩みに悩んでしまったのだ。

 

その結果、「バッハが生きていた場所に行くしかない」という単純な結論に至った。

 

バッハが実際に音楽に携わった土地や教会を調べ、1週間会社を休み、宿を予約した。彼が生まれたアイゼナッハから、亡くなったライプツィヒまでの旅である。

ドイツの旅というと、「美しい古城や街を巡り、おいしいビールや料理を食べ、芸術や文化に触れる」ということになるのだろうが、僕の旅には「バッハ」以外の目的はなかった。

 

ライプツィヒ、ワイマール以外のバッハ所縁の街や村はとてもこじんまりとしていて、観光地と呼べるような場所ではない。どの土地にもバッハの像が置かれ、建物の看板に、バッハがそこに居たことが書かれてはいるが、バッハ愛好家でなければあまり訪れないのではないだろうか。

 

多くの人々はドイツ語で話しており、英語も通じないことがあった。その都度、僕は小さなドイツ語の辞書を開いて、ドイツ語に訳して短い会話をした。日本人もほとんど見かけなかった。

 

close up photo of bible opened near flowers

Photo by Unsplash

 

もちろん、バッハの住んでいた家や、実際に使っていた楽器を見たり、街を自由に散策する事は楽しかった。ケーテン城内の小川のほとりで寝そべりながら空を眺めてみたり、ワイマールの街中でビールを飲みながらジャズの生演奏を聴いたり、今思い返せば素敵な思い出もたくさんある。しかしながらこの旅は全体的にとても「疲れる」旅だった。

 

僕はヘッドホンで「マタイ受難曲」や「フーガの技法」「無伴奏」など、バッハの曲を聴きながら、彼が勤めた教会を巡り、旅の目的である、「バッハの曲を演奏するための何かのヒント」を探した。

 

が、そんなヒントは一つも見つかることなく、旅は終盤にさしかかった。バッハが亡くなるまで音楽家として従事したトーマス教会のあるライプツィヒに向かう電車内でその出来事は起こった

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

平日の日中だったため、満員の車内には、会社帰りのサラリーマンや学生が多く、皆ドイツ語で大声で話していた。携帯電話で話している人もいた。僕の頭の中にはそれらの理解不能のドイツ語が充満し、それまでの旅の疲れも高じて、立ち眩みのような感覚に襲われた。

 white and red DB train subway

Photo by Unsplash

 

僕はたまらなくなり、隣のボックス席の車両に移った。そこもほとんど満席だったが、会話がなく静かだった。

 

ふと目を向けたボックス席には、男女4人の若者が向かい合って座り、笑顔で楽しそうに話していた。座席の横には折りたたんだ自転車が置かれていた。

 

その景色を見ていた僕は、何故か不思議な事に、彼らの会話を全て頭の中で理解していた。「風が気持ちよかったね」「並木道の木々が素敵だったね」とか、そんな内容だ。

その会話はとても素敵だった。彼らの笑顔は美しく、生き生きとしていた。

 

と次の瞬間、彼らが声を発していないことに気が付いた。彼らは明らかに、手と表情を使って会話をしている・・・。彼らは耳の聞こえない、もしくは言葉が話せない人達だった。

 

僕は泣いていた。

 

そしてとても嬉しかった。なぜなら、その瞬間、

表現方法が違っても、強い気持ちがあればものごとは人に伝わる」という事に気づかされたからである。

彼らの会話は見ているだけで楽しかった。お互いが素晴らしい思い出を共有したいという気持ちが強かったのだろう。

 

この事があってから、残りのドイツの旅は心が晴れて楽しくてしょうがなかった。

そして帰国してから今まで、音楽の表現に対する認識は変わっていない

 

low angle photography of violin on ground

Photo by Unsplash

 

今僕はジャズバンドでピアノを弾いたり、作曲をしたりしている。楽器は生楽器だけではなく、電子の音も使う。コロナ禍で人前で演奏する機会は減ったが、ピアノに向き合う時、アドリブを取る時、作曲をしている時、思う。

 

「気持ちがあれば伝わるはずだ」と。

 

それはどんな楽器であっても、歌であっても、ダンスであっても、絵であっても、スピーチであっても、小説であっても、手話であっても、「表現」という事であれば同じ事かもしれない。

 

一週間のドイツ旅行はこの日予期せぬ答えを僕にプレゼントしてくれた。

 

因みにドイツから帰国してからは、ピアノの練習も楽しむことが出来、発表会でこの曲を演奏した。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

今ここにそのバッハ(リスト編曲)の楽譜がある。当時日本になかったため、ドイツから輸入したものだ。素敵な楽譜だ。テープで補強したりしている・・・。

 

f:id:DantoMori:20210719112139j:image

 

パラパラとめくりながら中身を見てみた。

 

演奏するスピードや音の強弱や表現について様々な指定がされている。バッハではなく、リストが記載したものだろう。

しかし、この曲は「どの楽器で演奏すべきか」とはどこにも指定がない。当然のことだけど。

 

リストとバッハがこの楽譜を前に、会話をしている姿を想像してみよう。

 

きっと二人とも笑顔のはずだ。

 

 

 

 

オリジナル曲を配信しています。ご興味のある方は是非♪↓

■Band Camp

danto1.bandcamp.com

■Tune Core

www.tunecore.co.jp

 

よろしければクリックをお願いします♪ ↓

 ブログランキング・にほんブログ村へ

By The Window(オリジナル曲)

f:id:DantoMori:20210716172011j:plain

Photo By Pexels

 

「海と日常」をテーマにした曲第二弾です。窓際の少女といったところでしょうか。

 

曲題;By The Window お聴き下さい♪

youtu.be

 

 

多分場所は高校の教室。

 

ある生徒が優しい風に吹かれて頬杖つきながら外をみています。

 

きっと将来を夢見ているんだろう♪

 

この曲は、最近アンビエントとジャズを重ねる手法が多かったので、

久しぶりにメロディアスな音楽できないかな?と思って作ったものです。

 

これからの作曲のテーマは「海と日常」としていますので、しばらくは「海」を題材にした曲と「日常」を題材としたオリジナル曲を交互に紹介していこうかと思っています♪

 

時々脱線したり、カバーしたりするかと思います。

 

過去記事↓

dantomori.hatenablog.com

 

 

 

 

オリジナル曲を配信しています。ご興味のある方は是非♪↓

■Band Camp

danto1.bandcamp.com

■Tune Core

www.tunecore.co.jp

 

よろしければクリックをお願いします♪ ↓

 ブログランキング・にほんブログ村へ

チックコリアの「Windows」(カバー)

red wooden window frame

Photo By Unsplash

 

ジャズピアニストのチックコリアの曲”ウインドウズ”をカバーしました。

 

曲題;Windows お聴き下さい♪

youtu.be


彼は偉大なピアニストでしたが、今年の2月にお亡くなりになりました。

とても残念です。


僕が初めてジャズと出会ったのは彼のアルバムでした。

 

当時僕は中学生か高校生でしたが、母親が自宅で外国の方に日本語を教えていたため、色々な国の方が家に来ていました。

時々僕も会話をするようになっていました。

 

その中でアメリカ人のジャズトランぺッターの"ビルさん"という男性の方から、これを聴くといい、と言って渡されたのがチックコリアのアルバム「アコースティックバンド」です↓

 

僕はピアノとコントラバスを弾いていましたが、ジャズとの出会いはこのアルバムが初めてでした。

 

チックコリアとこのアルバムを渡してくれた"ビルさん"は僕の音楽の世界を広げてくれた大好きなミュージシャンです。

 

彼が亡くなっても彼の音楽は多くの人に愛され続けるでしょう♪

 

 

 

オリジナル曲を配信しています。ご興味のある方は是非♪↓

■Band Camp

danto1.bandcamp.com

■Tune Core

www.tunecore.co.jp

 

よろしければクリックをお願いします♪ ↓

 ブログランキング・にほんブログ村へ

Whale in the Deep Sea(オリジナル曲)

black and white whale under water

Photo By Unsplash

 

深い海の中を泳いでいくクジラをイメージした曲を作ってみました。

 

曲題;Whale in the Deep Sea お聴き下さい♪

youtu.be

 

 これからの作曲のテーマは「海と日常」。過去記事↓

dantomori.hatenablog.com

 

 第一弾をクジラとしました。

 

遠い海の深~いところを泳いでゆくクジラ。

 

畏敬の念を感じてしまいます♪

 

 

オリジナル曲を配信しています。ご興味のある方は是非♪↓

■Band Camp

danto1.bandcamp.com

■Tune Core

www.tunecore.co.jp

 

よろしければクリックをお願いします♪ ↓

 ブログランキング・にほんブログ村へ

Smoky Dreams(オリジナル曲)

f:id:DantoMori:20210706171900j:plain

Photo By Unsplash

 

前回即興で作った曲「Oriental Song」からヒントを得て作った曲です。

 

曲題;Smoky Dreams お聴き下さい♪

youtu.be

 

 

3つのスケールを使って即興したものを繋げています。

 

ごちゃまぜです。

 

不思議な夢の中にいるようなイメージで作りました♪

 

 

 

オリジナル曲を配信しています。ご興味のある方は是非♪↓

■Band Camp

danto1.bandcamp.com

■Tune Core

www.tunecore.co.jp

 

よろしければクリックをお願いします♪ ↓

 ブログランキング・にほんブログ村へ